阪神・矢野燿大監督、「栗山流」で最下位からの立て直しを図る

11pt   2018-11-08 15:06
ちな虎やが

769a46c4.jpg

1: 名無し 2018/11/07(水) 16:12:47.04 ID:28hXDg1T0 選手に対して梅野の「リュウ」(隆太郎)や糸原の「健斗」のように下の名前で呼んだり、北條の「ジョー」や上本の「ポン」のように、愛称で呼ぶことを徹底している。
こちらは日本ハム・栗山監督と同じ手法。
普段から心理学やメンタル本を読みあさる指揮官は「そういうふうに呼ぶ方が親近感が湧くから」と明確な意図を持っている。創意工夫の対話路線で、最下位からの立て直しを図る

c?ro=1&act=rss&output=no&id=7742138&name
   野球アンテナトップページへ
野球についてのサイトの話題が沢山。