ボラス氏大型契約へ菊池雄星PR 松坂6年60億超えか

6pt   2018-11-09 15:21
なんじぇいスタジアム@なんJまとめ

転載元: http://swallow.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1541706719/

ea7eb684.jpg

1: 風吹けば名無し 2018/11/09(金) 04:51:59.03 ID:MUJcJ6+q0 ポスティングシステム(入札制度)でメジャー移籍を目指す西武菊池雄星投手(27)について、代理人を務めるスコット・ボラス氏(66)が7日(日本時間8日)、猛烈に売り込んだ。

GM会議の会場周辺で日米メディアの取材に応じ、菊池のメジャーでの活躍に太鼓判を押した。
同じく代理人を務めた松坂大輔投手の6年、年俸総額5200万ドル(当時約60億8400万円)を超える契約が見込まれる左腕に「プレミアム」「パーフェクト」などと景気のいい言葉が続いた。

◆スコット・ボラス 独自の選手評価システム、成績予想システム、強気の交渉術や強い発言力を持ち、
これまで数多くの巨額契約を締結。元ヤンキースのロドリゲス内野手が00年にレンジャーズと結んだ2億5200万ドル(約277億円)、
07年にヤ軍と結んだ2億7500万ドル(約303億円)は当時メジャー唯一の2億ドル超え契約だった。
有名契約選手は15年MVPのハーパー外野手(ナショナルズFA)首位打者3度のアルテューベ内野手(アストロズ)サイ・ヤング賞3度のシャーザー投手(ナショナルズ)ら。
日本選手では06年11月にレッドソックスと契約した松坂(現中日)らを担当。
米経済誌フォーブスの「世界で最も影響力のあるスポーツ代理人」で13年から6年連続1位。

◆ポスティングシステム プロ野球選手が海外フリーエージェント(FA)資格取得前に米球界に移籍できる制度。98年に日米で調印した。日本球団への譲渡金の額はこれまで日本の所属球団が設定し、
上限2000万ドル(約22億円)だったが、今年11月発効の新制度により選手の年俸総額に応じて決まる変動制に改定された。
申請期間は11月1日~12月5日。その後30日間の交渉期間に入る。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181109-00386405-nksports-base
7: 風吹けば名無し 2018/11/09(金) 04:57:43.27 ID:ceowbVeK0 松坂でも当時は凄い高額やと思ったけど10億なんやな
メジャーの年俸インフレ起こしすぎやろ
c?ro=1&act=rss&output=no&id=4919187&name
   野球アンテナトップページへ
野球についてのサイトの話題が沢山。